一枚あれば大活躍、色無地の着物

花柄だったり鶴があしらっていたりと華やかなイメージが多い着物、特に若い人には「色無地」という言葉さえも馴染みが薄いのではないでしょうか。でも実はこれが大活躍出来るのはアイテムです。黒無地は、喪服として用いられるので色無地はそれ以外の色で染められた着物を指します。活用シーンとしては、ダークなお色だと喪装としても着られます。淡いお色だとお宮参りや卒業式といった行事やお茶会などの訪問着として活躍できます。昔はお見合いの席に着ていく服装として親しまれていたようで、上品さを出しつつ着物が主張しないというメリットがあります。少々地味なのではと危惧する声も聞きますが、その分帯びで華やかさを出す事が出来ますので想像以上に美しくまとまります。帯との合わせ技が色無地のコーディネートになりますので、その楽しみも味わってみてはいかがでしょうか。

振袖、訪問着、色無地を着る機会

何十年も前は、普段着として着物を着ていましたが、現在は普段に着物を着ている人はほとんどいません。洋服の方が動きやすく、簡単に着ることができますが、お祝いの席や、葬儀などでは着物を着る人もいます。しかし、着物はすべて同じではなく種類があります。それぞれ、TPOに合わせて着物を選びましょう。成人式は、振袖が一般的です。多くの女性が、成人式には華やかな振袖を着て参加します。結婚式では、親族は黒留袖や、色留袖を着ます。友人や、来賓の人は、振袖や、訪問着、色無地を着ることが一般的です。しかし、振袖は、未婚の女性が着ることがマナーです。既婚の女性は、訪問着や、色無地を選ぶようにしましょう。着物は着付けをしなければいけないため大変ですが、結婚式が華やかになるため、新郎新婦や、新郎新婦の両親などに喜ばれることが多いです。

ぜひ揃えておきたい色無地の着物

着物を着る機会がよくあるという場合には、ぜひ色無地の着物も何枚か揃えておくことをおすすめします。色無地の着物はちょっとお出かけするときやお稽古事、卒業式やお宮参りといったイベントにも着用することができるため着回しがきいてたいへん便利です。特に若い人が着る場合には地味すぎる色合いは避け、自分によく似合った上品な色を選んでみることをおすすめします。また紋を付けるとお茶会などの正式な場にも着ていけるようになり、格が上がります。さらにグレーや抹茶色といった暗めの色合いであれば、弔事にも着て行くことができます。色無地の着物はシンプルな印象ですが、合わせる帯にこだわれば十分に華やかなイメージを加えることが可能です。帯の柄やカラーコーディネートにもこだわって、ぜひ着物のおしゃれを楽しんでみることをおすすめします。

着物の種類や季節、お召しになる日等、様々な視点からお客様に似合うお着物を往復送料無料でレンタルをしております。 多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 着物レンタル365の対象エリアについては、結婚式場や着付けの美容室も含め、日本全国どこへでも対応しております。 色無地・色留袖なら着物レンタル365