色や紋の有無の違いで幅広い場面で着用できる色無地

白い生地を黒以外の色で染めた柄のない着物を色無地といいます。仕立てるときに紋を付ける場合が多いようですが、紋をつけない色無地は、普段着的な感覚で着ることができるので、手軽に着物を着用したい人に向いているようです。紋を付ける場合は、一つ紋と三つ紋とあり、一つ紋は祝賀会などで着ることができる略礼装として、また普段着でも利用できます。しかし三つ紋は格が高くなり、着る場所が限られてしまうので、気軽に着ることが難しいようです。今は、帯の合わせ方によって普段着にもお出かけ着にもなる一つ紋が人気です。色無地は、派手な色でなければ慶弔両方で着用することができる便利な着物ですが、弔事に着用する場合には、一つ紋が入っているもの、生地に柄はついていませんが、織りは見えるので地織りが小さいものが良いとされています。また、色はもちろん濃い紫や抹茶色、グレーなど地味な色を選ぶことが必要です。

色無地の和服を着用して楽しみましょう

日本の伝統である和服に興味を持ったら、それに関して徹底的に調べると、さらに和服についての面白さが分かり楽しくなります。和服を着用する人が少なくなっているので、日本の伝統衣装の存在が薄々消えかかっている現代の状況を打破するために、自分が着用することにより日本を盛り上げることができます。和服には様々な種類があり、特に色無地という種類がオシャレで誰もが着用しやすい和服です。色無地とは黒以外の色で一色しか使わないことで、シンプルな和服になっており、着やすくなっています。一色しか使っていないので、ここに家紋などのデザインをすることにより、マークを目立たせることができます。これからお店を開く人は衣装を色無地の和服にして、お店のマークをデザインすることにより、個性的なお店になって大きな宣伝効果になります。

着物好き必見、暖色系色無地着物のコーディネート術

色無地着物は、着物自体に柄が入っていないため、一見地味に見えてしまいがちですが、シンプルな分、コーディネート次第でおしゃれで華やかになります。では、暖色系のコーディネートの場合、どのようにするといいのでしょうか。基本的には同系色でまとめますが、帯揚げを反対の色にすることで、ぐっとしまった印象を与えることができます。例えば、薄いピンクの着物に白系の帯、赤い帯飾りと同色でまとめておいて、水色の帯揚げを使うことで、きりっとしたアクセントをつけることができます。または、同色系でまとめる場合は、帯に強めの色を持ってきて、帯締めを着物の色と同じ淡い色で合わせることでバランスをとることもできます。帯の柄が多い場合は、帯に使われている色を一つ持ってきて帯締めなどに使っても全体の色のバランスが取れ、素敵なコーディネートです。