色無地ならではの素敵な着物を着てみよう

日本の伝統的衣装である着物。そんな着物の中に色無地の着物があります。華やかな柄の物が多い中であえて無地を選ぶ事で、より個性を出す事が出来るのではないでしょうか。無地なのにどうやって個性を出すのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、無地だからこそ個性を引き立てる事が出来ます。小物に個性を持たせる事で、より一層その小物を引き立てる事が出来るのではないでしょうか。帯に柄物を使用するなど、自分のセンスで小物を選ぶ事で他の人と差をつける事が出来るのではないでしょうか。無地だからこその良さをしっかりと活かす事で、より自分らしい着物にする事が出来るでしょう。たくさんの色の物が販売されているので、是非自分の好みの色を選んで色々小物を活かしてみましょう。無地ならではの素敵な着こなしを楽しむ事が出来るでしょう。

地紋と地色で選ぶ色無地に関して

色無地は「柄のない一色染め」のため、選ぶときの基本要素は「地紋・地色」をみて選ぶことになります。一越縮緬や古代縮緬のように地紋のない生地と綸子や紋意匠のように地紋のあるものが使われています。地紋のないものはオールラウンドにお使いいただけますが、地紋のあるものは注意が必要です。慶弔両用として使うのであれば「流水文・紗綾形文・網代文・雲文・波文」や有職文様のものを選ぶと良いでしょう。また、慶事のみで使うのであれば、吉祥文様の地紋を選ぶことで、慶事の場所にふさわしいお洒落感とセンスある着物を選ぶこともできます。柄のない一色染めのきものだけに、紋を入れてご着用になられることが多いきものでもあります。五つ紋をつけると非常に改まった式服。三つ紋は準礼装となり無紋の訪問着より格上となります。そしてもっとも一般的なのが一つ紋ですが、こちらは一つ紋の訪問着に比べて略式となります。結婚式や改まった場所でご着用される場合には、紋なしではなく、一つ紋以上の色無地がおすすめです。また、訪問着や付け下げに比べ控えめな品格がある色無地は、「お宮参り、七五三、入学式、卒業式など」お子様が主役となる場所への付き添いとなるお母様方におすすめです。

色無地は色々な場面で重宝します

色無地は着物の中でも、無地一色に染め上げられた着物です。卒業式や、ちょっとしたお出かけ、または袴に合わせたりと、色々と重宝できる着物です。無地なので、弔辞にも使えます。その時は、色はきちんと選んで着ていくようにすべきです。弔辞の種類に合わせて、色も変えていくべきです。合わせる帯によって、印象もがらりと変わってきます。金や銀、琥珀などの入っているものを合わせえると、格調高い印象になります。もっとカジュアルに着るというのであれば、同じ無地の色の帯にしてみるのも素敵です。着物の色とは少し違う色で合わせると、印象もがらっと変わってきます。街着の感覚で着る事ができます。帯の結び方も色々なタイプを試してみると、お茶席などでも華やかな印象になります。様々な場面で使い勝手のいい着物なので、一着もっていると重宝します。