もしも色無地の購入で家紋を入れるかどうか迷っているなら、とりあえず家紋なしにしてみてはいかがでしょうか。と言うのも、今は家紋シールという便利な物があるからです。色無地は用途が幅広く、冠婚葬祭やパーティー、お茶の席など様々な場面で着られます。ただ、時には紋付を着なくてはならない場面があります。例えば弔事に着物を着て参列する場合は、一つ紋と呼ばれる着物を選びます。お茶の席でも、一つ紋や三つ紋を着ることが普通です。ただ、紋付は着物の格が上がるので、気軽なおしゃれ着にするには、ちょっと不釣り合いになってしまいます。そこで、家紋シールの登場です。必要な時だけ着物にシールを張り付ければ、紋付に早変わりです。一枚の色無地を様々な用途で着たい人は、紋を入れずに購入し、TPOに合わせて家紋シールを使うのがおすすめです。大抵のシールは数枚セットになっているので、一つのセットで何度が使えて便利です。

色無地の着物を選ぶときのポイント

黒以外の色で仕立てられた柄のない着物というのが特徴の「色無地」ですが、その選び方にはいくつかのポイントがあります。まず「色」については、おめでたい席などでは華やかな色を選び、弔事などでは暗めの落ち着いた色を選ぶというのが基本になります。そして、とくに弔事の場合は、帯や小物に関しても黒やグレーなどの地味な色を選ぶ必要があります。次に「生地」については、織り出しや染め出しという技法によって生地に施された「地紋」と呼ばれる模様の種類を選ぶことができます。おめでたい席のみに使用する場合は、吉祥文様と呼ばれる地紋が良く、弔事のみの場合であれば、雲取りや紗綾形が良いとされています。そして、おめでたい席と弔事の両方で使える地紋としては、流水文や網代文などが知られています。さらに地紋が施されていない、まっさらな生地に関しては、地紋のように模様による使い分けを気にする必要がないため、さまざまな場面で着用しやすいと言えるでしょう。

花紋をつけた色無地で格を上げる

和服には「格」というものがあります。着物ブームの昨今ですが、着物で出かける際にはTPOに合わせて和服の格を選ぶ必要があります。格が低い和服を着ることは論外ですが、あまりにも格が高すぎるのも、出向いた先で失礼してしまう原因にもなります。いくらでも季節やTPOにあわせられる位に、何枚も和服を所有していれば良いですが、なかなかオールジャンルの着物を用意していくことはできませんね。また、結婚式などドレスコードが確実な場所はともかくとして、着物の格をどの程度にしておけば良いのか不明な場合もあります。そこで、1枚持っておきたいのが色無地です。色無地は帯によって全体の格を上げ下げすることが出来る優れ者です。もちろん色無地でフォーマルな場に出ることも出来ますが、その場合には一つ紋が入っていた方が、より格が上がります。家紋を染めぬいておくのも良いですし、ちょっと遊びを入れるなら、花紋を刺繍で入れておけば、格とお洒落を一緒にプラスする事ができます。