1枚あると重宝する色無地の着物

これから着物を揃えようとしている方は、まずは訪問着と小紋あたりから揃え始めるのがセオリーでしょうが、次に持っておきたいのが色無地です。色無地とは、地模様だけが入った、柄のないお着物のことです。他の着物に比べて様々な場所に幅広く着られるので、1枚持っておくと重宝します。例えば、お茶やお花などのお稽古事をしている方は、特に頻繁に活躍するでしょう。着物に柄がないだけに、帯を替えることによって大きく印象が変わりますので、いつも同じ着物というイメージを持たれにくくなります。また、紋のあるなしで格が変わるのも色無地の特徴です。紋を付けなければ小紋と同様に街着感覚で着ることができ、一つ紋を付ければ正式なお茶会やパーティなどに着られる略礼装となり、三つ紋を付ければ付け下げや紋の入らない訪問着よりも格上になります。抑えた色合いであれば弔事にも利用できます。

シンプルな素材故の難しさと魅力のある色無地

一つの色で染められていて柄のない着物を色無地と言います。とてもシンプルで無駄がありませんが、それ故に着る人の個性が出やすいものかもしれません。シンプルイズベストという言葉がありますが、色無地の着物はピッタリの言葉です。利便性があることも特徴の一つです。その日のイベントに合わせたり、イベント事が無くても天気に合わせた組み合わせで粋に着こなすこともできます。帯や小物との組み合わせ次第で同じ色無地の着物でも違った表情になります。着る人の遊び心次第では飽きることのないアイテムです。歴史のある衣服ですが古いスタイルという印象はしません。その時代に合ったスタイルとして存在することができる魅力を持っています。完成されたものだからこそ可能なのかもしれません。落ち着いた着こなし、カジュアルな着こなし、シンプルだからこその難しさはありますが、それ以上の魅力が詰まっています。

色無地から始めようステキな着物ライフ

『着物でお出かけ、ステキですよね。憧れていても普段なかなか着る機会がなく、日本人でありながら知らないことの多い世界でもあります。着物には礼装になる留袖や訪問着など色々な様式があり、場面に応じて決まりごとがあります。なかでも色無地はひとつ持っていれば便利だと言われています。色無地とは柄のない黒以外の一色染めの着物のことで、紋の入ったものは訪問着と同格の扱いになります。五つ紋を付けると改まった式服になり、黒留袖や振袖と同格の扱いになります。三つ紋だと準礼装、一つ紋だと結婚式などの略礼式になります。紋がなければ普段着やおしゃれ着として楽しめ、ひとつあればオールラウンドに対応でき重宝します。着物上級者なら帯や小物とのコーディネートを楽しんだり、センスの見せどころにもなります。』『入学式や卒業式、結婚式など人生の節目の時はもちろん、ちょっとしたお出かけにも、ステキなお着物で新しいおしゃれの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。』